カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!

カラーコーディネーターの勉強法

カラーコーディネーターの資格取得後の進路決定の道のりとは?

カラーコーディネーター検定や色彩検定の試験は、それなりに長い歴史を抱えています。資格の種類や仕組みが複雑ですし、これまでに何度も変化しています。

しかし一貫して変わってないポイントだってありますね。特に、声を大にして言いたいのは「カラーコーディネーター試験に合格してからのヴィジョンが大事!」だということ。

カラーコーディネーター検定にしても色彩検定にしても、合格するまでの時期は試験のことで頭がいっぱいだという人はたくさんいるでしょう。それなのに、受かってからのことも熱心に考えろといのは酷かもしれません。しかし、ヴィジョンを立てるのは1日でも早いほうがおそらく得策です。

カラーコーディネーター検定・色彩検定に共通して、いわゆる「独占資格」なんかではありません。どちらの資格も、いずれかの職業と密接に結びついているとは言い難い状態です(その分、いろいろな分野に進出できるチャンスがある、という大きなメリットにつながっているのですから、あまり文句は言えませんが!)。

就職試験や面接をする際の心構えや求人を探すときのポイントについては、ほかのページで少しずつ触れているのでもうここでは書きませんが、たとえば他の資格との組み合わせ方も一度くらいは真剣に考えたほうがいいでしょう。何も資格マニアになれと書いているのではありません、しかし進みたい分野に合わせて、望ましい資格があるかどうか徹底的にチェックすることは、やったほうが絶対に正解でしょう。必要に応じて「ダブルライセンス」「トリプルライセンス」を試みたほうがよいですね。

Copyright © 2012 カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!. All Rights Reserved.