カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!

カラーコーディネーターの勉強法

カラーコーディネーターの各講座の比較に使えるものとは

カラーコーディネーターの講座を選ぶときは、絶対に間違いのないチョイスをしたいものですね。

そこで、カラーコーディネーターの講座をセレクトする際に出てくるポイントをざっとまとめてみました。

■口コミ

これはそれなりに参考になります。ただし、いわゆる「サクラ」の書き込みだってありますから、そのことを忘れないようにしないといけません。

■教材のチェック

カラーコーディネーターのテキストや問題集等の一部を、申し込み前に確認することもできます。あくまでも一部ですが。

資料請求すると、その中に入ってくることがありますし、あとはやはりインターネットの出番。オフィシャルサイト内で、テキストや問題集の一部を公開している講座が急増しています。

同じように、DVDやストリーミング動画の中身を一部公開している講座も現在なら珍しくありません。

これらのサービスを通して、いろいろな業者の講座を比較してから選考段階に入ったほうがよいでしょう。

■体験講座

通学形式の講座だったら、開講シーズンの前になると1回くらい体験させてくれることがあります。
講義のわかりやすさや講師の声の質、教室の環境等をよく観察してくるべきですね。

なお、自習室のような勉強場所を貸してくれる学校だったときは、その部屋の中まで見せてもらったほうが正解ですね。

■講義の数量について

カラーコーディネーターはもともと、講義の総数が短いはずです。受験期間が短いことがその理由ですが、気を付けないと講義の数量がものすごく少ないところに申し込んでしまったという失敗をすることがあります。

すべての講義時間がたったの10時間前後で終わってしまうことがありますが、それはごく短期で開講されている講座です。そのような講義を最初から受けたいのなら別ですが、初心者であるなどフルコースで学ぶ必要がある受験者には向いていません。

Copyright © 2012 カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!. All Rights Reserved.