カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!

カラーコーディネーターの勉強法

カラーコーディネーターの通信の選び方はコレだ!? 

カラーコーディネーターの通信を選ぶときに大切なこととは、何でしょうか? 

通信教育は実は、大金をはたいて校舎を手に入れないといけない通学形式の―文教施設よりも予算面でだいぶ得です。そのような事情から、通信教育にいきなり進出する企業は全国各地にあるのだそうですね。カラーコーディネーターの場合に、そのパターンがそっくりそのままあてはまるとは言い切れませんが。

とにかく大事なことは、受講をはじめてから「こんなはずじゃなかった」なんて後悔する羽目になることは、受験者自身の努力で回避しなければならないということです。カラーコーディネーターの通信をどう選別するか、よく考えないといけませんね。

■テキストや問題集の読みやすさ・使いやすさ

これは、当たり前といえば当たり前ですね。
テキスト等の教材が読みやすくないということは、それはわかりやすくないということと同義。それを我慢して読み続けたところで、高い学習の成果なんて期待できません。

特に気を付けたいのは、テキストがどこまで出力されているか。「カラーコーディネーターの受験である以上、何もかもがカラフルに……」という意味ではありませんが、テキストの各ページがカラフルにつくられてあったほうが、人間の記憶にとっては好都合です。単色のテキストだったら、何ページも読んでいるとだんだんと集中力が落ちていきます。

■DVD映像の見やすさ・聞きやすさ

DVDを再生したときに、その映像が効果的に演出されていたほうが、これまた人間の記憶にとっては渡りに船。映像の明るさや画質・音質はもちろんのこと、画面の移動等までしっかりと気配りされていないと、何時間も再生しているうちにじわじわと集中力が落ちてしまいます。

画面がよく動いて、飽きない演出がしてあるほうが絶対に正解です。そのほうが、何日リピート再生しても、わかりにくさや見づらさを覚えることはなくなります。

Copyright © 2012 カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!. All Rights Reserved.