カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!

カラーコーディネーターの勉強法

カラーコーディネーターの試験科目は奥が深くて面白い!?

カラーコーディネーターの試験って、科目・問題の内容がかなりユニークだと思います。

色彩の試験なんてめったにありませんからね。だから、いろいろな資格を勉強したことがある人でもかなり最初は驚きの連続じゃないかと思います。

それじゃ、3級と2級の試験で出題される科目・問題を確認してみましょう。

科目の内容がわからないと、勉強法も見えてきませんからね。

3級の、カラーコーディネーター試験科目


1 色の性質
2 色と心理
3 色を表し、伝える方法
4 配色と色彩調和
5 光から生まれる色
6 色が見える仕組み
7 色の測定
8 混色と色再現
9 色と文化

見ただけで想像がつくかもしれないですけど、3級で勉強するのは、色彩の知識の基本の部分が中心なんです。色の種類もたくさんありますけど、その呼び名や区別の仕方、それぞれの色がどうしてその色に見えるのか科学的な理由を勉強したり、色が文化に与えてきた影響を歴史で振り返ったりします。

2級の、カラーコーディネーター試験科目


1 カラーコーディネーションの意義
・カラーコーディネーションの際に考慮すべき基礎事項

2 色彩の歴史的発展と現状
・近現代のデザインとカラーの歴史
・色彩の文化史
・自然界と身近な色彩的特徴

3 生活者の視点からの色彩
・色の見えに影響を与える要因
・色の見え方の多様性とカラーユニバーサルデザイン
・照明の特性の測定
・色彩と照明
・色彩の法的規制

4 生産者の視点からの色彩
・色材の基礎
・色の測定と表示
・色の差の測定と表示
・流行現象の理論と色彩の流行
・色彩の品質管理

5 カラーコーディネーターの視点
・色彩の現状把握の目的と調査方法
・心を測る――心理測定法
・色彩を伝えるための情報の流れとその変換
・色彩の心理的効果
・カラーコーディネーションと配色
・カラーコーディネーションの実例

2級は一気にやることが増えるイメージになりますね(でも2級から極端に難しくなるわけじゃありませんから、心配しないでくださいね!)。
ただ3級が基本だとしたら、2級は応用まで範囲が広がるんです。応用を利かせるにはやっぱり知識の幅は広く持っていないといけませんよね。
もう素人の人たちにコメントができるくらいの知識の深さが求められるわけです。

Copyright © 2012 カラーコーディネーターの勉強法に、本音でアドバイス!. All Rights Reserved.